アフターケア事業「ゆずりは」

ゆずりは工房

この社会で、困難な状況に置かれてしまう方々には、
「自己責任」の一言では片付けられない
幼少期からの背負わされた困難や、
十分な社会支援が受けられなかった背景が必ずありることを
支援を通じて痛感してきました。
そして、本来誰もが「健全に働けること」を望み
「働くこと」は生きるための大切な支えになることも、
「働けない苦しみ」を抱えた相談者の方々から
気づかせていただきました。

ゆずりは工房での就労支援を通じて、
安心して失敗できる、
何度でも繰り返しできる、
自分の得意なことを伸ばす、
苦手なことも挑戦する等・・・・
就労に困難を抱えた方が、自分のいまできる働き方を見いだし、
「働く喜び」を感じてもらえるようになっていただけたらと思います。

誰もが安心して生きられる社会を皆さんと一緒につくっていけたらうれしいです。