アフターケア事業「ゆずりは」

わたしたちの活動

虐待されている子ども達の中には、15~20歳に至るまでに長期間の虐待にさらされてきた子ども達もいます。一時保護所から直接自立援助ホームに入所するような子ども達は殆どがこのケース。また、児童養護施設で生活していた子ども達は、高校卒業、高校中退、または中学卒業を機に施設を出なければなりません。そして子ども達は働いて自立することを求められます。けれど、「自立を『余儀なくされる』子ども達」で挙げたようなさまざまな「事情」を背負っている10代の子ども達にとって、大人の助言も支えもなしに社会的に自立していくのには、とても大きな困難を伴います。

私達の運営母体は、児童養護施設も運営している「社会福祉法人 子供の家」ですが、同時にこうした社会的養護の枠組みからこぼれ落ちてしまう子ども達へのケアにも力を入れています。

児童養護施設等退所者のアフターケア相談所「ゆずりは」

児童養護施設等社会的養護施設には、在籍中の子どもの教育を保障するだけでなく、子どもたちが施設退所後も、安心で安全な生活を送ることが出来るよう見守り続け、支援するという大切な役割が、当然のものとしてあります。

しかし、様々な要因によってアフターケア支援は、多くの施設で行き届いていないのが現状です。家族の後ろ盾もなく、虐待のトラウマを抱えた低学歴の子どもたちが自らの力だけでこの社会を生きていく困難は、想像を絶するものです。

「ゆずりは」では、施設を退所した子どもたちに、就学、就労を円滑にするための有効な社会資源を提供し、生活で困った時には適切な支援機関を紹介します。